アマツバメ

 

毎年恒例のアマツバメ参り。梅雨明けの週末城ケ崎を訪れました。

 

 

 

このような空抜けの飛翔写真は機材の発達で難なく撮れる。

勿論ファインダーに導入するのにはそれなりの反射神経が要求されるが。

 

 

Screamingもねらい目ですが、密集度が高くて、揃って飛翔する場面は中々ない。

上の画像の上から2羽目の個体を拡大。鋭い爪が分かる。岩場にこれを引っ掛けて留まる。

 

 

 

こういうやつが難しい。どうしてもピンが後ろに引っ張られてしまうから。

 

EOSDMarkII 100-400mm トリミングなし(6枚目を除く)

2017.7 伊東市城ケ崎  渡邉 修治

 

 

NEXT