独り言

思うこと、感じたこと、不平不満、繰り言、情報など何でもありの部屋

 

NEW
2017.8.14

         ●次々とBreak Down

 まあよくあることです。物は使うと壊れるもの。しかし、色々なものが一時に壊れることがある。

 酷暑の7月末、エアコンが。借家のため効率の悪い窓用のエアコンを10年程前に購入して使っていた。

使用頻度はそれほど高くなく、78月の最も暑い時期の夜間の就寝前に使う程度だった。

もともとエアコンは苦手で、乾燥した空気を長時間吸っていると気管がやられてせき込んでしまう。

だから、車のエアコンも極力使わない。炎天下に駐車した直後には流石に使うが、一定の温度に下がるとフルオープンで走る。

流石に夏場の雨の時は窓を開けられないので、曇り止めのためにやむなく使う。

直ぐにネットで調べ、近くのNojimaで交渉する。

丁度セールの期間中で、かなり安く購入できたと思う。

今度は、室外機のあるちゃんとした奴だ。あと10年は故障なく使えるという。

実際今までと異なり、静かでしかも良く冷え省エネだ。

これだけの出費をしたのだから、このボロアパートにあと10年は済むことになりそう。

もっと広い所に移りたかったのに。

 次にダウンしたのがPC.

画像処理をしようとPhotoshopを開こうとしたが何度やっても立ち上がらない。

やむなく購入店に持ち込んだ。

修理まで3日間、腕をもがれたようで何もできない。PCに依存し過ぎを感じた。

修理が終わって戻ってきた。特に異常はなかったという。そんな馬鹿な。

その数日後、動作が極端に遅くなった。立ち上げとシャットダウンに極端に時間がかかる。

撮影画像を一時的にPCに保存しておくのだが、それが一年分になり600Gbにもなっていた。

これが原因と思い、外付けのHDDに移した。

何と4時間以上もかかった。

お蔭で、そのあとの動作はサクサク。

やれやれ。

 

2017.6.5

●車あれこれ

 新車から7年と7カ月、よく走ってくれました。

切りのよいところで車を止めてパチリ。そのせいで会合に遅刻してしまいました。

先日オイル交換に行ったオートバックスで冷却水漏れが発覚。急激な漏れではなかったのですが、仕事が立て込んでいるため直ぐには修理に出せずダマシダマシ走る。漸く修理に出したのですが、割とあっさり直してくれた。代車を借りて3日後に取に行った。今でも所謂ラジエター屋という専門職があるそうで、実にいい仕事をするらしい。ラジエターの交換で10万円は覚悟していたのですが、脱着工賃とラジエター本体の修理を含めて33,000円足らず。良かった。でもこれからあちこち言うところが出てきそうだ。

この走行距離で3代目のタイヤに交換。いつ廃車になるかわからない車なので、高価なタイヤにはできない。そこで噂に聞く外国製の格安タイヤを試すことにした。


Autoway
から台湾製のNANKANGを選択。幸運にも近くに嵌め替えをしてくれるCarpitなる車屋があった。そこにタイヤを送ってもらい、こちらの古いタイヤのついたホイールを持ち込んだ。
作業はあっという間に済んだ。いやー便利便利。問題は費用だ。
タイヤ自体は一本7000円程。(かなり安いものもあるが、流石に怖くて)それに送料、嵌め替え工賃、古タイヤ処分費等々占めて40000円強。国産の新品タイヤの場合の6割程度で済んだ。
問題はないのか?嵌め替えをしてくれた車屋で尋ねると、走る・止まる・曲がるなどの基本性能は問題ないとのこと。減りが若干早いらしい。
既に数千キロ走ったが今のところ全く問題ない。摩耗性は一年程度経過してからまた報告しましょう。
そう、冬にはスタッドレスも交換時期なので今度は韓国製か?

●高倍率の双眼鏡

仕事用に購入しました。ニコンモナーク5の20×56を。
仕事で遥か彼方の猛禽類を見ることが多い。タカの渡りなどでスコープを2台連装してスコープ双眼鏡を使っている人を見かけると思う。実によく見えるのですが、自作するのが結構厄介です。
特に光軸を合わせるのが厄介。また非常に高価になることも問題です。

そこで上記の双眼鏡を購入して試してみることにしました。何よりも光軸はバッチリあっているし、金額も5万円を切る。勿論倍率が高いので三脚に取り付けなければならない。
スコープと連装して使い始めた。勿論スコープと光軸を合わせます。
手持ちの10倍の双眼鏡からこの20倍の双眼鏡そして40倍のスコープへ順に拡大して観察します。
見え味は値段の割にはよい。ただし、付属している三脚に取り付けるアダプターがやや強度不足の感あり。重くなった分、運台のキャパシティーも不足気味。
これも暫くしたら使用感をお知らせします。

●サシバの優劣

 繁殖期、隣接するサシバのつがいが争うときの飛翔形態について優位の個体と劣位の個体では異なるという話を聞く。
実際それを示すような飛翔を何度も観察している。最近それを撮影することができた。
一方は成鳥のオス(上の個体)で、もう一羽は若い個体であった。

若い個体や劣位の個体は並飛するときに尾羽を広げて飛ぶ。ご存知でしたか?

2017.4.24

●またまたエグイカメラマン

 浮島が原でツバメチドリを撮影していた時のことである。たまたま私が撮影しているのを発見したカメラマンが近づいてきた。「やれやれ見つかってしまったか!」

 一頻り撮影した後話しかけた。遠方から来た方であった。昨秋標識調査をしているときに話しかけてきた女性であることが分かった。

 鳥はかなり詳しいと自負しているようだ。ジシギの話を持ちだしてきた。ご存知のようにジシギはどの種も羽色が酷似していて、識別が難しい。特に春の繁殖羽では私は識別に苦しんでいる。

 ところがその方曰く、「タシギは嘴があんなに長いのだから簡単でしょう。分からないのですか?」

 確かに、タシギは他のジシギと比較して嘴が長めな傾向があるが、一目瞭然と言うほどの違いではない。嘴の長さだけで識別できるものではない。

 タシギは下列肩羽の外縁のバフ斑の幅、過眼線の太さ、翼後縁の白等が確認できて初めて識別できるわけですが、この御仁はご存知ないらしい。

 この方は浮島でオオバンのヒナを見たといっていたのですが、この一件で一気に怪しくなってきた。

 静岡県ではオオバンの繁殖記録は正式にはないので、かなり貴重な記録なのですが。

 どうしてこのような半端な知識にこれだけの自信を持つようになってしまったのでしょうか。

 多分、「詳しい」と言われる人の言葉を鵜呑みにしているのでしょう。

 一般に厄介な野鳥の識別に関しては、慎重で謙虚でなければならない。

 尊大で、傲慢な人は信用できません。ご用心あれ。

 前出のエグイ人も黒い車に乗っていた。ただの偶然に過ぎないのでしょうが・・・。

2017.3.14

●富士川のガン

 3月5日の南富士支部の猪頭探鳥会で、富士川河口でシジュウカラガンを見たという話を聞いた。数を減らし絶滅が危惧されていたガンであるが、日露共同の保護活動のお蔭で近年かなり数を回復し、伊豆沼周辺では毎年数百羽が越冬するまでになっているあのシジュウカラガンである。この仲間は鳥類目録第7版では大型のカナダガンと小型のシジュウカラガンの2種に分けられている。よく似た亜種が多く識別には注意を要する。

 さてこの富士川河口の鳥が本当に亜種シジュウカラガンなのか?それとも亜種ヒメシジュウカラガンやその他の亜種なのか?少々疑問点がある。

 問題となったのは左右の頬の白斑が顎の下で繋がるか否かという点である。一般に亜種シジュウカラガンでは繋がらない(黒線で分断される)。それに対して亜種ヒメシジュウカラガンでは繋がり、稀につながらないものがあるという。

 で富士川の個体は下の写真のようにつながっている。顎は真っ白である。

 そばにいたマガモと比較して一回りも大きい。亜種ヒメシジュウカラガンではカルガモやマガモとほぼ同じ大きさの筈。
ではこの個体はいったい何者なのでしょう?
亜種チュウショウカナダガン等のその他の亜種なのでしょうか。
暫く時間を掛けて調べてみたい。

2017.2.17

●哀れヤマシギ

 少ない鳥ではありませんが、見つけるのが難しい鳥ヤマシギ。岩本山公園で狂奏曲が。1月の中旬、それまで発見が困難だったヤマシギが見やすくなった。あっという間にカメラマンにその情報が広がり、大変な騒ぎになったらしい。私は長期の出張でそんな混乱があったとは知らなかった。

基本的に野鳥カメラマンの中には自分で鳥探しをせず(出来ず)に情報に頼って撮影する人が多い。いや、殆どと言ってもよい。そして、鳥の習性を知らないので追い回すようなことになってしまう。その結果鳥は苛めらら、環境を荒らし、地元住民に迷惑を掛けることになる。岩本山のヤマシギもそうでなければ良いのですが。

1月末から岩本山公園では梅まつりが始まり、一般の方の来園が増えヤマシギも非常に見にくくなったと聞く。ヤマシギも昼は暗い林の林床でひっそりと過ごすようになったのであろう。カメラマン公害には如何に対処したらよいのであろうか。岩本山公園のように常に多くのカメラマンが訪れるところでは、情報をコントロールすることは殆ど不可能であろう。この探鳥地を世に紹介してしまった私の責任は重いと感じている。

別の例ですが、先日オシドリを撮影していた時のことである。地方新聞の社長のお姉さんがたまたまそこに来られて、お話を伺った。その前の週に神奈川県から2人兄弟のカメラマンが撮影に訪れていたという。その時、十二湖で撮影したアカショウビンの写真を見せてもらったという。(このことからして、その手の危険なカメラマンであることが想像される。)この2人がどうしてそのオシドリの存在を知ったのか怖くなった。と言うのはその場所を知る鳥屋は殆どいないはずだからである。軽々に情報を漏らした輩が居ることは間違いない。

大勢のカメラマンが訪れることが予想される場合の情報の扱いについての提言。

鳥が苛められる心配がないか(間に広い水面があり近寄れないなら心配ない)、環境に影響が出ないか、近隣住民に迷惑が及ばないか。以上3点のどれ一つでも問題がありそうな場合は情報は流さないようにしたい。
極めて珍しい鳥、希少な鳥を発見する場合もある。このような時は、鳥に詳しくて思慮深い方にだけお知らせして判断を仰ぐことが重要です。貴重な記録を眠らせないためにも。

2017.1.29

●富士川河口

 今日29日、NHKの「さわやか自然百景」で富士川河口が取り上げられた。

 富士川河口はホームグランドでもあり、身近に感じながら楽しんだ。ミサゴの食事場やノスリの止まり木は、「ああ、あそこだ」と思いながら。

ミサゴのダイブ、オオタカのハンティングとノスリの横取り(浮島で何度も見たことがある光景)、カワウとサギ類のお祭り騒ぎ等々見慣れた光景が次々と現れた。

少し気になることもあった。先ず富士川の発音。地元では富士川(音符で表記するとドミドド)と呼んでいるのだが、どこの局のアナウンサーも富士川(ドミミミ)と発音する。違和感あるなあ。

鳥の名もサギのことをこの日の中村アナは詐欺と発音していた。鳥が可哀想。

最後にもう一つ、カモの紹介の時コガモの次に出てきたのは実際にはウミアイサだったのですが、カワアイサと紹介されていた。(その後ハヤブサが襲っていたのはカワアイサで正しかった。)これは鳥屋としては看過できない。今年はオオハム類同様にウミアイサが大挙して訪れている。富士川河口でも国道一号線の新富士川橋より下流で見られるアイサは殆どがウミアイサ。勿論カワアイサの姿を見ることもあるが極めて少ない。番組の制作はツバメプロでした。野鳥記を書かれた平野さんの会社なのでなぜこのような間違いが起きたのか不思議だ。ま、誰にもちょっとした間違いはあるものです。でも、気を付けて欲しいですね。

後日談:写真家の中川雄三氏がNHKにこの間違いを指摘し、再放送の時点では訂正されていたそうです。

2017.1.9

●またまた奥駿河湾のオオハム

 以前もどこかで書いたと思いますが、撮影したオオハムの写真を見て驚いた。釣り糸を嘴から垂らしたり、体に巻き付けている個体が居た。しかもかなりの高率である。元気に潜水採餌しているので捕まえて外してやることもできない。彼らの採餌行動を見ていると、あり得ることだ。小魚の群れを追って潜水採餌しながら釣り人のすぐ近くまでやってくる。たまたま釣り餌を飲み込んでしまうこともあるだろう。この大型の鳥を釣ってしまった釣り人が、鳥を釣りあげて針を外してやることは無さそうである。恐らくテグスを切ってしまうのでしょう。何かいい対策はないものだろうか?

 

 

●エグイ人、カメラマン

 最近浮島でかなりマナーの悪いカメラマンを何度か見かけた。最初にあったときの状況はこんな風。農道のど真ん中にエンジンかけっぱなしの車を放置してチョウゲンボウ(私にはそう見えたが、後日話を聞いたところではコチョウゲンボウと言っていた)を撮影に歩いていた。私はたまたまその車にブロックされた農道に差し掛かり、その先へと通過したかった。ぎりぎりでやっと通過した所で、その老夫婦に注意を喚起した。謝りはしたが、直ぐに移動せずお目当ての鳥に後ろ髪を引かれるようにグズグズしていた。農道のど真ん中に車を放置して、他の車の通行に支障が出ても構わない人なのだろうか。さらに言えば、車から降りて猛禽の撮影が出来るわけがない。鳥見に関してはかなり知識のない人と思われる。

 数日後同じ老夫婦を再び見かけた。今度も道路上に車を止めて、外でノスリを撮影していた。はるか上空で旋回するノスリを。まあ個人の好みの問題かもしれないが、空抜けで芥子粒のようなノスリを夢中になって撮影するでしょうか?この時も一台車が通りかかった。この時はスペースがあり、難なく通過しトラブルにはならなかった。やれやれ。

実はその時私はオオタカを探していた。その少し前にいつも見かける場所に探餌とまりしているオオタカを観察していた。ハンティングに飛び立ち、失敗して飛去した。それでオオタカが姿を消したあたりに探しに来ていたのである。その時に彼らの行動を見たのである。その直後に低空を飛び、彼らの頭上を飛んでゆくオオタカを発見した。勿論彼らは見つけることはなかった。

再びオオタカが飛去した方向に車を走らせた。すると直ぐにいつもの止まり木に戻っているオオタカを発見。その先の農道上には件の老夫婦が黒いワンボックスの軽自動車を止めていた。彼らは、自分たちが通過した所にとまっていたオオタカには気づいていない。どうも猛禽探しが得意ではないようだ。こちらの車が後ろから近づいていることにも気付かない。親切心を起こして、オオタカの存在を教えてあげた。

一頻りオオタカを撮影した後、名乗って話をした。こちらの身元を明らかにしたのだが、向こうが名乗ることはなかった。私のことは誰かに聞いて知っているようだった。それにしても凄い人物であった。殆どが猛禽についてのことであるが、誰かに聞いたのであろうか浮島の鳥の状況について断定的に様々なことを話した。例えば、以前はコミミズクが同時に20羽見られたとか、ヨシ原が減ったのでコミミズクが減ったとか。浮島のコミミズクは飛び始める時間が遅い等々。間違いだらけで、最初のうちは私もその間違いを正していたのであるが、段々と面倒になってきた。私がカメラマンに対して厳しいことを人に聞いて知っていたのであろう、「私はこれでもバーダーなんです」とわざわざ言った。その直後、午前中は奥駿河湾のシロエリオオハム(オオハムではなく)を見に行ったという話をした。熱心でない鳥屋の常で、口野にしか行ってない。「幼鳥が一羽いた」というので、その根拠を正すとしどろもどろに。あまり楽しい思いをしなかったらしく、最後にこう言った。「オオハムもカワウも同じですね。」識別が出来ていないのを露呈した。バーダーでないこと分かった。

浮島で見かけたらマナー違反が無いか目を光らせていただきたい。

2017.1.5

●オオハム類が多い。11月下旬から出始めたのですが、どんどんと増えている。と言うよりも最初から沢山入っていたのに気づいていなかったのかもしれません。
先日は我入道沖に5羽、口野は少し減って4羽。ところが昼頃から西風が強まり、口野では姿が見えなくなった。そこであちこち探したところ、西風が当たらず波も穏やかなところに避難している群れを見つけました。数えたところ30羽を超えたところでお祭り騒ぎが始まった。小魚の群れを探したユリカモメが騒ぎだし、それを追ってカワウの群れが、さらにオオハム類やカイツブリ類がそれに従う。この騒ぎでカウントは中断しましたが、印象としては40羽は超えているようです。

 オオハム類と言っても実際はオオハムが殆ど、その中にシロエリが混ざり、アビは一羽もいませんでした。そこで今回はその時撮影した個体のアップを並べてみました。オオハムとシロエリのどちらなのか考えてみてください。チンストラップの有無、白い脇羽下部の巻き上げが見られれば識別は簡単ですが、これらがいつも見られるわけではありません。そうなると識別はかなり難しい。頭頂が平らなのか、嘴が長いかなどがポイントと言われますが、どうでしょう。正解は私にもわかりません。悩み、お楽しみください。出来れば年齢査定も。但し、落とし穴を一つ掘りましたのでご注意ください。

 

 

 

2016.12.23

●ハイタカ

 この冬はハイタカに出会う機会が多いように思われる。

 富士川河口には間違いなく複数個体が居る。

浮島では少なくとも3個体を確認。何れもスズメが塒を取っている葦原である。スズメを撮影していると、ズボッと言う音と共に飛び込んできた。他の場所でも、スズメの群れの近くの木にとまり、じっと窺っていた。

白尾山公園でも頭のすぐ上を飛んだ。

そして丸火。水場に今年も給餌台をおいて小鳥が集まってきた。それを待っていたかのようにハイタカが出没し始めた。その存在は小鳥が教えてくれる。一度はヤマガラが、また一度はエナガが警戒声を上げた。すると小鳥がすべて林床に飛び、静寂が訪れる。そのあとハイタカが翼でバキバキと枯枝をへし折りながら飛んできた。水場では上空にも注意したい。

2016.12.20

●勘弁してくれよ、現場宿

 先週の調査現場で宿泊した宿には参りました。

 先ずは食事。ドカチン宿然としていて、量が多い。味付けも悪くない。ところが野菜が全くない。動物たんぱく攻撃である。野菜はテーブルに備え付けられている「野菜ふりかけ」のみ。最終日はたまらず、スーパーで刻み野菜を買ってきた。

 風呂でもひどい目にあった。夕方疲れて帰ってくると真っ先に風呂に入る。私の前に一人入った人がいた。ところがところが、風呂にお湯がたまっていないのだ。先に入った人に尋ねると、彼も湯がなくてシャワーで済ませたという。冬にシャワーだけと言うのは勘弁してほしい。温まりたいのだ。

 一番声を大にして言いたいのは体重計。話が少し長くなる。古希がすぐそこに見える歳になると、流石に健康が気になる。昨年の冬から徐々に体重が増え始めた。この夏は所謂夏太りと言うやつだが、さらに増加。一年で4キロ太ってしまった。これはイカンと思い、秋から仕事中の昼ご飯の量を減らし始めた。その効果があったか、11月の特定健診の時には3キロ減で、太る前+1キロにまで減らすことに成功した。
 さてこの宿の体重計が問題だ。初日の晩に体重計に乗ると、11月の検診時−6キロ!おいおい3週間で6キロも減ったのかよ。こいつは何かある、ガンかもしれない。真っ青になった。そのあとの3日間はそのことばかり考えていた。家に帰ったら真っ先に医者に行こう。もしガンだったら・・・。生きた心地がしなかった。
 仕事が終わり、帰宅し風呂に入る前に家の体重計に乗った。全然減っておらん!何や、あの体重計は。嬉しいよりも先に怒りが沸いてきた。この先何カ月もあの宿に泊まるのかよ。

2016.12.11

●探鳥会で出会ったカメラマン

 以前から分かっていたことで、ここで取り上げるほどのことではないかもしれない。

 野鳥の会の探鳥会が富士川河口で行われた。例によって西岸の河口部にはミサゴのみを狙うカメラマンの大砲が並んでいた。予想通り誰一人として双眼鏡を首に下げていない。カメラ好きは居ても鳥好きが居ないのだ。

ハマシギの群れが飛んでも、ウミアイサが飛んでも、彼らは全く気付かない。というより無関心なのである。実はオオタカやハイタカが何度も出現したのだが彼らは気付かない。中に敏感な人がいて気付くと、それを見て初めてカメラを向けるのだ。それでは一刻を争う鳥の写真では後れを取り撮影は困難であろう。まあ人種が異なるわけであり、とやかく言うことではないかもしれない。が、情けない。少なくとも、あれだけ鳥の出現に無関心だと、独創的な写真は撮れないのではなかろうか。鳥好きで生態や環境選好性をじっくり観察した方が遥かに良い写真が撮れると思うのですが。皆さんどう思われますか?

2016.11.22

●新旧取り合わせて最近の鳥情報

1.富士川河口

 ガンは去ったらしい。狩野川の港大橋の上流でヒシクイの写真が撮られているので、こちらに移動したかも。

10月末からコミミズクが相変わらず出ているらしい。

猛禽はオオタカ、ハヤブサ、コチョウゲンボウが見られている。最近はチュウヒが出ているというが。ミサゴは相変わらず多数の個体がダイビングを繰り返している。

非常に多かったカモは増減が激しい。まだ移動期なので越冬個体が多いかどうかはまだまだ判断するには早い。

2.浮島が原

 コミミズクは居るのだが、夕刻の確認はまだない。もう少し季節が深まるのを待つべきか。

 アカアシチョウゲンボウが確認された。私の掴んでいる情報では、今年県内で3例目。

 チュウヒは一月前に一度確認されて以降出現なし。

 その他の猛禽は好調。オオタカ、ハイタカ、ノスリ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、コチョウゲンボウは丹念に探せば必ず見つかる。

3.そのほか

 標識調査の結果で今年の越冬鳥の状況を予想する

 クロジ、アトリ、ハギマシコ、ベニマシコ、ルリビタキがかなり多い。丸火の探鳥会でもアトリの多さが目立っていた。

 ベニマシコは浮島や富士川河口でも普通に見られそう。クロジ、ルリビタキは都市公園で。

2016.11.10 

         ●富士川河口のガン

          昨年に続いて今年もマガンとヒシクイが富士川河口に現れた。何れも幼鳥と思われる。11.3訪れた。カメラマンが集まっていた。と言ってもお目当てはガンではなくトモエガモだった。トモエでこの人出?一寸信じがたい。毎年のように来ているのに。

 さて、件のガンであるがマガンは良いとしてもヒシクイは度の亜種なのであろうか。昨年のことがあるので気になっていた。現地でそんなことを気にする人は一人もいなかった。少なくともマガンより一回り大きく、ヒメヒシクイの可能性は無さそう。ともかく画像をご覧いただきたい。判断はなかなか難しく、保留としておきたい。

ちょうどボラがジャンプするところが撮れた。写真としての価値の方が大きいかもしれない。

 

別アングル。二羽のヒシクイの嘴の長さや額への繋がりの角度が異なって見える。

 

2016・1028

●標識調査で

 25日に続いて27日にもコミミズクが出現
標識調査では早朝日の出前に網を張る。夜行動する鳥を捕獲することと、鳥が活発に行動し網が見えにくい朝のうちが捕獲効率が高いからである。この日530分過ぎに網を張り終えて車に戻ろうと網に沿って歩いていると薄暮の中、前方からコミミズクがフワフワと飛んでくるのが見えた。私の20m程の所で翻り、網に向かって降下した。網の最下段で暴れているように見えた。これは掛かったに違いない、と思いダッシュ。コミミが捕獲できるかもしれないという期待を胸に。

 あと5mというところでコミミは網から離れた。そして私の頭上間近を飛び去った。その時奴と目が合った、至近距離だった。

 網に着くとそこにはノゴマが掛かっていた。やられた!楽鳥か? 幸運にもノゴマは無事であった。

 標識調査では鳥を捕獲する。鳥の命第一で作業をしなければならない。様々な危険があり、鳥が命を落とすことがないように最善を尽くす。網にかかった鳥がモズや猛禽にやられることがあるが、フクロウ類に襲われることは全く想定していなかった。これで2度網場の上をコミミが飛んだわけで、この網場では明るくなるまで網を開かないような配慮が必要だ。

●今年はクロジガ

 朝霧の調査で今年はクロジガかなり捕獲されている。以前もこういうことがあり、その年は平地でクロジの越冬個体が多く見られた。ということは・・・。

2016.9.26

●秋の長雨で渡り観察ができない。漸く週末に天気が回復し大飛びが予想される。白樺峠に飛んでゆきたいところだが、沼津の写真展の最終日で撤収に行かなければならなし。そこで伊豆野鳥愛好会の観察会に乱入した。

 場所は西伊豆の達磨山。達磨山レストハウスのベランダに陣取る。東から北西方向が広く見渡せる。手前に奥駿河湾を控える富士山の眺望がすばらしい。渡る鳥がそれほど多く見られるわけではないが、この日はかなり楽しめた。撮影できたものを並べてみました。基本的に鳥が遠いためすべてトリミングしてあります。

ハチクマ雄成鳥

オオタカ幼鳥

チゴハヤブサ成鳥

サシバ

オオタカ幼鳥

サシバ

チゴハヤブサ

ツミ(そのう膨らむ)

アマツバメ 多かった!

アマツバメ

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ

ノスリ幼鳥

コシアカツバメ これも多かった

アマツバメ

アマツバメ

 

2016.9.22

●秋のシマアジ

 シマアジが渡っている。今年も地味な奴が見られる。この時期、オスはド派手な繁殖羽ではなくエクリプスで雌に酷似する。が、どこか識別ポイントないだろうかと、比較を試みた。

 

 

 

 

 

 

 

まずは種の識別で、コガモとの比較。(奥の2羽がシマアジで手前がコガモ)コガモと異なり眉斑が白く嘴の付け根にも白斑がある。
カルガモっぽい顔をしたコガモと言った風情。勿論カルガモとの違いは一目瞭然で、嘴の黄色い斑もなく、三列の大きな白斑もない。

雌雄の識別は雨覆の色で可能。これは地味な♀。オスは灰水色で、翼鏡も緑が鮮やか。

 

 

 

 

 

雨覆いの色から奥が雄で手前が雌。顔の白斑に注意されたい。雌は眉斑の白が周りの暗色とコントラストが強い、つまりクリアカット。しかも眉斑は目よりも前にはない。嘴の付け根の白斑もクリアカット。

それに対してオスは白斑が雌のそれより太いが周りの暗色とのコントラストが低い。

こちらは別の2羽ですが、こちらにも同様の傾向が見られる。2例で結論付けることはできません。
ただの個体差の範囲なのかもしれませんし、年齢の違いによるものかもしれません。

今後も観察続けたいと思います。

 

2016.9.7

     ●漸く鳥見が出来る!

忙しい繁殖期だった。仕事仕事で、いったい家で過ごした日は何日あったのだろう。東北の調査現場に行くことが多く、現場から現場へと梯子したのは一度や二度ではない。それでも自分が企画した野鳥の会の探鳥会はすべてこなした。仕事が重ならなかったのは奇跡としか言いようがない。漸く仕事の日程が正常になったのは8月になってから。そうでなければ写真展の開催も危なかった。

お蔭様で新富士駅での写真展も盛況のうちに終えることができた。今年は何故か高校の時の同級生が多数来場した。NHKの放映を見た一人が拡散のメールを出したのが原因らしい。実にありがたいことだ。近況報告やら何やらで、さながら同窓会の呈。

     ●HPの存続なるか?

このサイトはニフティの無料サービス@homepageを利用しているのだが、この9月29日をもってサービスが終了する。新たに@niftyホームページサービスに移行すれば無料での利用が継続できる。が、しかし。こいつがなかなか厄介。PCに詳しい人にとっては何でもない簡単な作業らしいが、PC音痴の私にはかなりの大仕事。何せ以前やった設定やらアカウントやらパスワードやら、全く記憶にないからである。果たしてうまく移行できるでしょうか。出来なかった場合には、残念ながら14年間に亘って発信してきたこのサイトともオサラバとなる。皆さん応援を。

2016.4.17

    ●夏鳥が来ない

      丸火に何度か足を運んだ。鳥屋にも何人か会った。皆そろそろ夏鳥が、と思って来ているのですが、鳥の姿がない。例年ならセンダイムシクイ、クロツグミ、ヤブサメの声が聞こえてもよいはずなのに。

      ウソやマヒワがまだ居た。つまり冬鳥の渡去、夏鳥の渡来が遅れているということなのでしょうか。湿地でもムナグロ、メダイチドリは確認したのですがオオヨシキリはまだ。皆さんのところは如何ですか?

      須津川に探鳥会の下見に行った。ここには既にオオルリの姿が。大棚の滝の手前ですぐ近くでコマドリが連続して鳴いている。どんなに探しても姿は見えず。ほんの数メートルの距離なのに。見たかったなあ。渡り途中であろうが尋常な鳴き方ではなかった。

 

    ●16日の富士川河口で

     その1

シギチを求めて東岸の海岸を歩いていたところオレンジの物体が降ってきた。かなり怖い思いをした。以前も目の前に降ってきたことがあった。そうラジコンの飛行機だ。

河口東岸の草地に滑走路がある。勿論愛好家が勝手に造成して作ったものであり、違法なものだ。以前彼らが管理者である国土交通省に占用許可を申請したことがあり、野鳥の会にも国土交通省から意見を聞かれた。当時の富士川下流出張所長はこの手のもの(モトクロッサーノコース、エンジン付きパラグライダーの発着所を含む)を一切認めないという立場だったと記憶している。

ここで問題なのはこのラジコンの飛行機が実に危険な代物であることだ。この時も回収に来た人に話した。「人に当たったら危険なので人の立ち入る可能性のあるところでは飛ばさないでください。」と。が、全く無視。彼らはその危険性を認識していないのだ。事故が起きてからでは取り返しがつかないのに。

その後西岸に回ると、こちらでも別のグループが飛ばしていた。かなり高速で飛行するジェット機タイプだ。いつも鳥のカメラマンが集まっている場所の上を行ったり来たり。速度が速いだけに怖さはこちらの方が数段上。どうしたもんじゃろうかのう。

滑走路の違法性はともかく、飛ばすときは自分たちの上だけつまり滑走路の上だけに限定してほしい。直接話しても改善がなければ次は国土交通省に訴えることになる。トラブルになりたくはないが、危険で河川敷を歩くことができない。

このこととは直接関係がないが、数か月前鳥見を兼ねて鳥獣保護員としてのパトロールで中州に入った。その時滑走路の北側に車を乗り入れた。パトロールを終えて車を出そうとしたらラジコン愛好家の車が道をふさいでしまっていた。移動するよう求めてもなかなか動かしてくれない。切れそうになった!自分たちの土地であるかのような発言も聞かれた。どうかしているぜ。

 

      その2

        

富士川西岸の滑走路わきには数年前からテトラポッドがずらっと並べられ、鳥見には実に不便な状態になっている。テトラの隙間から狭い視野で鳥を探さなければならないのだ。それが昨年からは更に不便に。並べられたテトラの間は通路のような状態になっていたのだが、立ち入りを規制する針金が張られてしまった。ま、危険だからと言うことなのでしょう。

実際には誰もが針金の隙間から入り込んでいて、実効性は全くない。ま、お役人としては事故が起こったときに責任が問われることのないように張ったのだろう、と邪推されそうである。

16日に河口を訪れると右のような看板が目に入った。どうやらテトラを移動するようだ。このテトラはもともと田子の浦港に設置してあったもので、お気場所がなくて国土交通省が場所を提供したということである。テトラは川側と滑走路側に2列に並べられている。全部搬出?滑走路側だけ搬出?うーん、それは最悪。友人曰く、川側を一つおきに搬出が最善だ。そう、テトラをブラインド代わりにして鳥見が出来る!

 

2016.3.7

●少なかった冬鳥

 どこに行っても冬鳥が少なかったと誰もが感じています。4年ほど前にもこんなことがありました。不思議なことに留鳥まで数が少ないのですねえ。

そんな中、野鳥の会で来年度の探鳥会の予定が議論されました。その中で恒例となっている一月の岩本山公園の探鳥会を止めたらどうかと、企画者から意見が出ました。都市公園なので整備のために木が切られたりして環境が良くない、そのため鳥が少ないというのです。鳥が少ないのはそのせいではないのは明らかなのですが。他の場所で開催すれば環境もよく、もっと多くの種が見られるという主張だと思われます。

もともと都市公園ですから多くの種を期待するのは無理なことです。たくさん見たければ水辺環境が隣接するところで開催すればよいわけです。水辺の鳥も見られれば40種は可能です。しかし、都市公園で鳥を見る意味は別のところにあると考えます。最も重要なのは鳥との距離です。鳥が人馴れしているので、非常に間近で観察ができるのが利点です。探鳥会は参加者の殆どが鳥見の初心者であり、遥か彼方の小鳥を一瞬見ただけでは見た気がしないでしょう。取り合わせをして40種出ました!などと言ってもその殆どが遠くの鳥を一瞬見たというのではあまり意味がありません。それよりもごく普通の種でも間近でじっくりと、肉眼でも見えるほどの距離で見られた方がはるかに感動は大きいと思います。冬の都市公園の探鳥と言うのはその点において理想的なところだと思います。皆さんどう思われますか?

探鳥地としての岩本山公園は私が広めたようなもの、ここでの探鳥会が無くなるのは何とも寂しい。勿論私は冬になればここに通い詰めますが。

●モズの年齢を査定する(ちょっと難しいかも)

 標識調査で手にした鳥ではなく、野外観察で鳥の年齢を識別できることはよくある。今回は撮影したモズの写真で年齢査定を試みます。

綺麗なモズの雄です。これだけくっきりしていると成鳥かと思いますが

GCPCの軸斑(羽縁ではなく)を比較してください。GCは黒褐色、PCは風切りと同じで褐色
つまり、GCは換羽済みであるのに対して、PCは幼羽のまま。昨年生まれの1Wです。

 

これは胸のうろこ模様を示しています。うろこ模様は雌の特徴だと思っている方が多いようですが、
雄にもあります。ただ雌ほど明瞭ではありません。探鳥会でうろこ模様があったら雌です、と解説している方がいましたが、これは間違い。気を付けましょう。

 

 

こちらは雌ですね。うろこ模様も明瞭です。さて、年齢は?

PCが黒褐色で成鳥羽です。 因みにこの雌雄は番になって既に繁殖行動を始めています。

 

2016.1.9 

●昨年は標識調査に関する記載が殆どなかった。そこでやや時期を失した感はありますが、話題を少し書きます。

調査地の日の出。捕獲用の網は日の出前には張り終える。毎日4時起きだが、年寄りにはそんなに大変ではない。

 

北に目を転ずると、富士は既に茜色に染まっている。

 

足環付きのオオセッカが捕れた。足環番号には見覚えがない。つまりRpでもRtでもなく、Rcだ。浮島が原で標識を実施する目的はここにある。

 

オオジュリンですが、一寸様子がおかしい。

尾羽に異常がある。以前からあったのですが、原発事故以降急増。

カシラダカの頭に大きな灰色の球が。ダニだ!

どちらにも生きる権利があるが、どうしても鳥に味方してしまう。

 

2016.1.6 あけましておめでとうございます。66年目のお正月を迎えました。体が少々くたびれてきましたが、もう少し頑張って動いて見ようと思います。ご声援ください。

●冬鳥

 皆さんのところでは如何でしょうか。静岡県東部ではとっても少ないのですが。暖冬のせいで冬鳥が北に留まっているのでしょうかねえ。冬は都市公園めぐりが楽しいのですが、どこの公園に行っても鳥がいない。冬鳥だけでなく留鳥も少ない。そんな中で久しぶりにヤマシギを撮影できました。3年前からほぼ同じ場所で見かけていたのですが、大抵12月の末の短期間だけ。遥か彼方で飛ぶところを一度か二度見て、年が明けるとさっぱりでした。今年はお正月になってから3日連続で見ています。このまま居つくとは思えません。と言うのはあまりに人出が多い公園だからです。

 それにしても手ごわい鳥ですね。撮影できた時は偶然間近でバッタリ、あちらがフリーズしてくれたのが幸いしました。もう2度とあのようなチャンスはないでしょう。

ISO

 カメラの話。ISO感度はこれまで明るさに応じて設定してきた。ブレない範囲で可能な限り低感度の画質の良い感度に。人づてにオートに設定すると便利だと聞き試してみた。確かに使い勝手が良い。何しろ明るさに応じていちいち設定を変える必要がないからだ。明るさ、レンズの焦点距離に応じてカメラが勝手に決めてくれる。

 ところが使い始めて直ぐ気付いたのですが、曇りの日や日陰、薄暮状態の時感度が6400まで上がってしまうことがシバシバ。この高感度ではさすがに高画質は期待できない。100-400mmを使っているとズームは大抵望遠端に。そうするとカメラは1/400よりも早いシャッタースピードになるように感度を上げてくる。自分で設定していた時は感度は上げても1600まで。不便だなー、と思い取説を紐解いた。すると、オートの場合の感度の範囲を限定できることが分かった。(人に聞いたら、こんなことは誰でも知っている超基本事項だそうだ。私は鳥には興味があっても撮影機材には疎い。)これで使ってみると実に調子が良い。めでたしめでたし。因みに1DIVではもう少し高感度でも良さそう。

 

 

HOME    TOP